おせち料理とは日本の文化であり、多くの外人にも知ってもらえるように説明を今回はさせていただいております。

外人に教えるおせち料理

おせち料理とは日本人が一年の初めに食べる料理です。

どんなに日本中を探しても、レストランのメニューなどには見つけることのできない料理です。

食べる時期が重要なこの料理は、1月の始めの3日間のみ、大抵皆さんのご自宅で召し上がることができます。

もともとおせち料理とは、スーパーが一月の最初の三日間だけ休業しているため、その間主婦たちが買い出しに行けない事を考慮して作られた料理なのです。

要は保存食として、三日間スーパーに行かなくてもいいように考案された料理になってます。

おせち料理とは数日前から作り始めることができ、涼しい場所に保存しておけば数日はおいしいまま持ちます。

基本的にこれらの料理はみんな重箱に入っており、上段と下段、または上段中段下段の三段に分かれている場合があります。

近年ではほとんどのおせち料理はできたものをそのまま購入されています。

買う場所と言ったらデパートやスーパーのような場所になります。

デパートなどで購入するおせちは大体1万円からというものが多く、上限はどこまでも高くあります。

お金を出せば100万円のおせち料理ですら出てくるほどです。

安いおせち料理と高いおせち料理の違いと言いますと、作っているシェフが腕のいい有名なシェフだったり、使っている食材が通常よりいいものだったりします。

このように順を追って基礎的なことから説明すると、外人も日本の伝統文化であるおせち料理とはどのような物なのかが分かってくることでしょう

◆◇たとえばこちら⇒おせちの予約なら板前魂本店◇◆